賃貸経営で起きがちな空室問題!リフォームして解決!

観葉植物

空室対策で困った時はリフォームを考えてみよう

賃貸物件を所有している大家さんは、物件が古いと入居率の低下に悩まされがちです。空室が増えると収益も低下し死活問題となります。空室対策は専門業者へ相談するのがおすすめですが、その方法の一つにリフォームがあります。現在では賃貸物件でも目新しさや綺麗さ、ライフスタイルに合ったものが求められそれが空室になる原因でもあります。入居率アップを目指しリフォームする場合、物件の一棟まるごとリフォームか一部屋ごとにするのか種類も多様です。一棟では外観やエントランスを一新できますし、部屋ごとでは台所などの水回りや壁紙を取り替えたり間取りを変えることも可能です。塗装を変えるだけでイメージも変わります。ただし、リフォームをしても収益率アップにつながらなければ意味がありません。物件の立地条件等によってそこがファミリー向けなのか単身者向けなのかによってリフォームするところも調整しなければいけません。例えば女性向け物件なら女性プランナーが監修というものもあります。リフォームは費用がかかるものですから、家賃との折り合い、着実に空室対策になるものを慎重に専門業者と一緒に考えるべきでしょう。そして、周辺物件との差別化をし収益を生み出す賃貸物件に生まれ変わるのが目的です。

空室対策には効果的なリフォームを

賃貸経営をしている中で必ずしも直面する事案として「空室問題」が出てきます。ずっと満室経営というのはなかなかありません。特に築年数がたてばたつほど空室リスクが上がってきます。空室部屋が増えてしまったり空室期間が長引くと家賃収入が減ってしまい、その後の対策ができなくなり賃料を下げざるを得なくなってしまいます。…

空室対策にはリフォームが有効です

不動産賃貸経営、つまり大家さんをしているオーナーさんが、一番恐れていることはなんでしょうか。それは「空室」です。空室になると、賃貸収入がないどころか、マンションなら管理費・修繕積立金の持ち出し、戸建てやアパートでも固定資産税・都市計画税だけがいたずらにかかっていくという悲惨なことになります。…

空室にならない部屋の条件とリフォーム対策

マンションやアパートの空室にならないようにするためには一番始めに考えたいのが、空室対策は専門業者へ相談することをおすすめします。築年数が古い場合は家賃を下げなければ空室になりやすいと考えられます。もしくはリフォームをすることで築年数をカバーできる場合もあります。リフォーム業者によって同じ工事であっても費用にも大き…

空室対策で困った時はリフォームを考えてみよう

賃貸物件を所有している大家さんは、物件が古いと入居率の低下に悩まされがちです。空室が増えると収益も低下し死活問題となります。空室対策は専門業者へ相談するのがおすすめですが、その方法の一つにリフォームがあります。現在では賃貸物件でも目新しさや綺麗さ、ライフスタイルに合ったものが求められそれが空室になる原因でもありま…

新着情報

2019年10月18日
空室対策で困った時はリフォームを考えてみようを更新しました。
2019年10月18日
空室にならない部屋の条件とリフォーム対策を更新しました。
2019年10月18日
空室対策にはリフォームが有効ですを更新しました。
2019年10月18日
空室対策には効果的なリフォームをを更新しました。